信用情報はカードローンなどの審査に大きな影響を与えている

信用情報はカードローンなどの審査に大きな影響を与えている

カードローンの申し込みだけでも信用情報に残る

皆さんは「申し込みブラック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

「ブラック」という言葉がつくだけに、何やらよくないことのようですが、今回はこの申し込みブラックについて解説していきます。

 

 

何かと重要な信用情報とは?

申し込みブラックを語る前に、まずは信用情報について説明をしなければなりません。

 

信用情報とは、個人が利用する銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、クレジットカードやショッピングの分割払いなどの利用に関する記録のことです。信用情報には、以下のような情報が記録されています。

 

基本的個人情報(氏名や住所、生年月日に勤務先など)・・キャッシングやカードローンなどへの申し込み、契約に借入、返済など・事故情報(債務整理や延滞、代位弁済に強制解約など)

 

つまり、お金に関するその人の返済能力を見る上では重要な情報となります。よって、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングの業者は、審査の際には必ずと言っていいほど信用情報を見るのです。

 

信用情報機関とは?

ではこの信用情報、どこで見ることができるのでしょうか。

 

それぞれのカードローン会社が独自に管理しているわけではなく、特定の「信用情報機関」という組織で管理されています。現在、日本には3社の信用情報機関があります。

 

CIC・JICC・KSC

 

以上が3社の信用情報機関ですが、それぞれ加盟している貸金業者が微妙に異なります。消費者金融中心、信販会社中心、銀行中心と特色が分かれています。

 

加盟している貸金業者から利用者に関する情報があがってきて、それを信用情報機関で登録していきます。そして、加盟している貸金業者は、信用情報機関の情報を開示請求することができるのです。

 

ちなみに、これら3つの信用情報機関ではそれぞれ情報の共有をしているため、例えばオリックス銀行カードローンの信用情報はKSCと提携をしているために情報がやりとりされますが、オリックス銀行カードローンでの利用状況はKSCと提携をしているCICや或いはJICCにも伝わることとなります。

 

そのため、一つの信用情報機関に何らかの情報が記録されると、他の全ての信用情報機関で共有がされることとなるのです。

 

申し込みをするだけで信用情報に記録が残る

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングはもちろんのこと、クレジットカードに申し込みをしただけで、信用情報に記録が残ってしまいます。これはどういうことなのでしょうか?

 

信用情報機関に加盟している業者は、信用情報を見ることができると前述しましたが、無制限に見られるわけではありません。利用者から申し込みがあった場合に限って、信用情報機関から情報を見ることができます。

 

業者も基本的に信用情報は審査の時にしか見ません。信用情報を照会すると、「照会記録」が信用情報に残ります。この照会記録の情報こそが、申し込みをしたという情報として残る記録なのです。

 

照会記録はどれだけの期間残るのか?

照会記録は、その結果審査落ちしてしまっても残ります。では、それぞれの信用情報機関では、どれだけの機関登録されているのでしょうか。

 

信用情報機関によって、登録される内容は微妙に異なりますが、どの信用情報機関も登録機関は6か月間となっています。つまり、6か月たてば信用情報から申し込みの情報は自動的に消滅するというわけです。

 

3秒診断の申込記録も残るの?

いきなり申し込んで失敗をしてしまうと気分としてもへこみますよね。

 

大手消費者金融のホームページを見ますと、必ずと言っていいほど「3秒診断」「クイック診断」「1秒診断」というボタンがあります。これは、他社からの借入件数や限度額、収入などを入力して診断開始ボタンを押すだけで、大まかな審査結果が出るというもの。この流れですぐに本番の申し込みに行けるホームページもあります。

 

3秒診断の類は信用情報に残るのかというと、これは残らないので安心してください。3秒診断では、氏名や住所などの個人情報は一切入力しないので、信用情報への登録のしようがないからです。

 

つまり、3秒診断で落とされても信用情報には何ら影響しないということです。

 

その代わりに正確な審査ができるわけではないので、あくまで申し込み前の簡単な目安の判断をするものに留まります。大手消費者金融では大体はどこでも用意をしており、プロミスでもプロミスで借りられるかの目安がすぐに時間をかけずに確認ができるようになっています。

 

申し込み前に最低限の基準をクリアしているかを確認したい方は、まずは診断の結果から見ておくと安心です。

MENU